離婚をする前にまずは弁護士に相談して計画を立てる

損害賠償の相談

交通事故

静岡で交通事故に合って被害を受けた場合、怪我の状況に応じた損害賠償を請求する権利があります。納得できない金額を提示されることも珍しくありません。その様な状況は弁護士に相談しましょう。

More Detail

法人登録の手助けを行なう

2人の女性

大阪の司法書士は、様々な業務を行なっています。例えば、会社の設立に関わる業務を請け負っています。設立登記に関わる手続きを一貫して行なってくれるので、法人登録を行なう際には依頼しましょう。

More Detail

登録して好条件を見つける

女の人

税理士の求人はあらゆる所で探せます。ハローワークや転職サービスを利用すると、ネットからでも簡単に条件を検索できて便利ですし、説明会や面接会を利用すれば事務所の雰囲気を知ることもできます。

More Detail

事前の準備と対策が肝心

3人の男性

近年、離婚問題は仙台でも深刻化しています。離婚に至るケースは人によって様々なので、個人に合った相談や離婚協議が必要になってきます。慰謝料の問題や、相続手続きに関することなど金銭問題がこじれてしまうと協議が長引いて、心身共に疲れ切ってしまうこともあります。

どの様に離婚するかは、自分だけで考えずにプロに相談して解決しましょう。仙台の弁護士なら法律の専門家なので、幅広い対応で問題を解決してくれるでしょう。弁護士に相談して以下の点を確認していきましょう。まず、離婚に関して相手が同意しているかどうか調べる必要があります。事前に両者である程度話し合っているのであれば良いのですが、中には原因を作った本人が拒否する場合もあります。その様な場合でも、法律上で原因を証明できれば手続きに進むことができます。

未成年の子供がいる場合は、どちらが親権をとるか話し合う必要があります。欧米では、経済的に豊かな親が子供の親権を獲得する傾向にありますが、日本では母親に親権を委ねるケースが多いでしょう。しかし、経済状況や居住空間の確保によっては父親に親権がわたります。親権を争う前に、話し合って穏便に解決することが大事です。両者に話し合う気持ちがあれば、裁判をせずに親権について決めることができます。

子供の親権や、慰謝料に関する交渉は、1人で行なわずに必ず弁護士立ち合いの元行ないましょう。同席が難しい時は、弁護士を通してから交渉を進めていきましょう。当人同士の口約束で進めてしまうと、不備も生じますし自分にとって不利になることもあるので気を付けましょう。